18/07/31NEW スタッフ募集のお知らせ

 このたび上甲会計では、監査担当スタッフ・サポートスタッフ(正社員・パート)を募集します。
 税務や会計に関するスキルを身につけながら、私たちと一緒に中小企業の
経営をサポートしませんか?
 

 応募の詳細は→こちら

みうらうみsss.jpg事業承継事例集を掲載しました!                                                                     
上甲会計が実際にクライアントの事業承継のお手伝いをした事例を紹介しています。
 

 

詳細は→ここをクリック!
 

相談風景無料相談を実施しています。
事業承継をご検討の方、二代目経営者の方、上甲会計が

あんしんサポート致します!

上甲会計では、無料相談を実施しています。
(事前予約制、場所:貴社又は上甲会計)
 

相談をご希望の方は、メール又は電話(045-641-7796)で希望日時及び場所をご連絡ください。

特例事業承継税制(3)〜5年間要件を継続しないと、猶予取り消し!〜

vol.170(since 07/01/07〜) 

18/08/08NEW

 

 

前回の記事では、

 

 

事業承継税制の基本は納税「猶予」。つまりこの特例を受けても、贈与税や相続税の納税義務が直ちに「免除」されるわけではないのです。

 

 

と書きました。そして

 

 

猶予」を受け、また継続するためには様々な要件があり、その要件を満たさなくなった場合は猶予打ち切りとなるのです

 

 

とも書きました。

 

 

ここで重要なのは、たとえ納税猶予を受けられたとしても、その後「一定の要件」を満たさなくなった場合、猶予が打ち切りになってしまう、ということです。

 

 

具体的には、贈与税(又は相続税)の申告期限から5年間(この期間を「事業承継期間」といいます)の間に、「一定の要件」を満たさないこととなると納税猶予が取り消され、その満たさなくなった時点で猶予税額の納税が必要となってしまうのです。

 


では「一定の要件」とは何でしょうか?

主なもののみ掲げます。

 

 

1報告・届出を怠ったとき(毎年、都道府県及び税務署への報告及び届出が必要)

2後継者が、代表者でなくなったとき(障害者等になった場合を除く)

3常時使用従業員数が8割を下回ったとき(雇用確保要件)

4会社が倒産・解散したとき

5後継者が自社株式を譲渡・贈与したとき(譲渡・贈与した部分について猶予取り消し)

6「資産保有型会社」又は「資産運用型会社」となったとき(5年経過後においても猶予取り消し)

7総収入金額が零になった場合

8先代経営者が代表者に復帰した時

 

 

これらの「要件」は、従来の事業承継税制においても定められていました。
特に3の「雇用確保要件」は、人材確保がままならない現在の経済環境においては非常にハードルが高く、この要件があるために従来の事業承継税制は活用されなかった、と言われています。

 

 

そこで今回創設された特例事業承継税制では、この要件が実質的に撤廃されました。
どういうことかと言うと、

 

 

・雇用確保要件を満たさない場合であっても、認定経営革新等支援機関の意見が記載されている「雇用確保要件を満たせない理由を記載した書類」を都道府県に提出すれば納税猶予の取り消しはないものとする

 

・雇用確保要件を満たせない理由が「経営状況の悪化である場合」又は「正当なものと認められない場合」には、認定経営革新等支援機関からの指導及び助言を受けた旨及びその内容を上記書類に記載すればよい

 

 

こととされたのです。

 

つまり「要件」自体は残っているが、認定経営革新等支援機関の協力があれば事実上パスできるようになったことから「実質的に撤廃」となったのです。(認定経営革新等支援機関→前々回の記事参照)

 

 

従来ネックとなっていたこの要件が事実上なくなったことで、特例事業承継税制は格段に使いやすくなった、と言われています。

 

 

その他の要件を見ると、基本的には「後継者は5年間、会社を事業承継したままの状態で、経営を続けてくださいね」ということを要請しているといえます。

 

 

もっとも、要件の中には6のように、5年経過後も継続しなければならないものもあります。また将来会社の売却、合併消滅、解散をした場合は税額の一部が減免される措置はあるものの、基本的にはその時点で猶予税額を納税しなければなりません。
この税制を適用するか否かは、様々な事態を想定したうえで判断する必要があります。

 

 

ところで、6で「資産保有型会社」「資産運用型会社」という用語が出てきました。実は事業承継税制は、全ての会社に適用されるわけではありません。その適用されない会社の代表例が「資産保有型会社」「資産運用型会社」なのですが・・・・・次回は、これらの会社について記します。


 

 

→カテゴリ:実務編・事業承継税制

 

 

  

「毎月の訪問、毎月の報告、毎月の安心」
上甲会計は、お客様の経営を徹底的にサポートします! 

 


  上甲会計事務所 http://www.jokokaikei.net

中小企業・個人企業の事業承継がうまくいかない理由

                  

 高度経済成長期に創業した社長の年齢が70歳を超え、引退のタイミングが訪れています。
 
ところが中小企業・個人企業の場合、社長が会社を続ける意思があるにもかかわらず、やむを得ず廃業してしまうパターンが後を絶ちません。

 その最大の理由は、「後継者不足」と「キャッシュ不足」です。

 この2つの「足りないもの」を、時間をかけてクリアすれば、社長は安心して自分の会社を後の世代に引き渡すことができるのです。

 

 続きはこちら→事業承継はこうする!

 

中小企業の「事業承継対策」は、「相続対策」と切り離せない!

 中小・個人企業の事業承継は、社長の相続対策と密接に関係しています。

 退職金を受け取るタイミングや金額は?
 自分が持っている株式はいつ、誰に、どうやって引き継いでいけばいいのか?
 相続税は、どれくらいかかるのか?

 中小・個人企業の「事業承継対策」とは、会社の「経営承継」のみならず、社長の引退後の生活や、将来発生する相続まで見据えたものになります。

 

 続きはこちら→事業承継の実務

なぜ上甲会計が事業承継に強いのか?

 上甲会計が中小企業・個人企業の事業承継を得意としている理由は、2つあります。

@ この10年間で20件以上のクライアントが、実際に事業承継を行っている

A 上甲会計自身が、実際に事業承継を行っている

 私たちは「会社の文化」と「社長の想い」を第一に考え、長い時間をかけてクライアントの事業承継をサポートします。 

 

上甲会計が実際に事業承継のお手伝いをした事例は→こちら   

お気軽にお問い合わせください。

 上甲会計のサポートは、クライアントとの信頼関係を築くことから始まります。

 どのような形で関わっていくか?
 どのように承継を進めていくのがベストか?
 どのような対策を、どのようなタイミングで行っていくか?

 私達が持っている「経験」と「知恵」のすべてを出してサポートいたします。

 まずはメール又は電話(045−641−7796)で、お問い合わせください。

 貴社との出会いが良きご縁となりますよう、心よりお待ちしています。

 

  メールでのお問い合わせは→ここをクリック