事業承継事例集を掲載しました!       アンドー1.JPG                                                              上甲会計が実際にクライアントの事業承継のお手伝いをした事例を紹介しています。
 

詳細は→ここをクリック!
 

相談風景無料相談を実施しています。
事業承継をご検討の方、二代目経営者の方、上甲会計が

あんしんサポート致します!

上甲会計では、無料相談を実施しています。
(事前予約制、場所:貴社又は上甲会計)
 

相談をご希望の方は、メール又は電話(045-641-7796)で希望日時及び場所をご連絡ください。

消費税法の、抜本改正を望みます。

vol.146(since 07/01/07〜) 

16/08/15NEW

 

 

皆様ご承知の通り、消費税の増税(8%→10%)及び軽減税率の導入は先送りとなりました。
その一方で、ひっそりと改正になった項目があります。

 

 

高額特定資産を取得した場合の中小事業者に対する特例措置の適用関係の見直し
(国税庁HP「消費税法改正のお知らせ」)

 

 

簡単に言うと(といっても十分複雑ですが・・・・・)、

 

 

・事業者が、消費税の一般課税(=免税でも、簡易課税でもない)により申告をする課税期間中に、

高額特定資産(=一式1000万円以上の固定資産又は棚卸資産)を購入し、仕入税額控除を行った場合、

・その課税期間後の2年間(原則として、翌期と翌々期)は、一般課税により申告しなければならない(=免税及び簡易課税は選択できない)

平成28年4月1日以後に取得した高額特定資産より適用

 


具体的には、以下のようなケースが考えられます。

 

 

・不動産賃貸業(事業用)で、毎年課税売上が2000万円

・消費税は、例年簡易課税を選択

・例年の消費税年税額は、2000万円×8%×(1−みなし仕入率0.4)=96万円

・当年度に、5000万円で事業用賃貸建物(=高額特定資産)を取得(これにより、翌年度以後の課税売上は年1000万円増加するものとする)

・当年度に建物取得に係る消費税の仕入税額控除を受けるため、前年度に「簡易課税制度選択不適用届出書」を提出

・課税売上割合は100%、建物取得以外の課税仕入は便宜上0円とする

 

 

そうすると、当年度の消費税は、

 

・売上に係る消費税 2000万円×8%=160万円
・仕入に係る消費税 5000万円×8%=400万円
・差引 160万円ー400万円=△240万円(還付)

 

 

ここまでは改正前と同様ですが、改正後は翌年度と翌々年度の計算方法が一般課税に限定されます。

 

 

(翌年度)
・売上に係る消費税 3000万円×8%=240万円
・仕入に係る消費税             0万円
・差引 240万円(納付)

 

 

(翌々年度)
 240万円(A+1事業年度と同じ)

 

 

翌々年度中に「簡易課税制度選択届出書」を提出することにより、翌々々年度以後は簡易課税により計算できることとなります。

 

 

(翌々々年度)
 3000万円×8%×(1−0.4)=144万円

 

 

改正前は、当年度中に「簡易課税制度選択届出書」を提出することにより、翌年度以後は簡易課税により計算することができました。
こうなると、わざわざ当年度に簡易課税を取りやめて還付を受けるメリットがあるのかどうか、慎重な判断が必要になります。

 

 

日本の消費税法上、「事業者免税点制度」と「簡易課税制度」があるために、これを悪用する事業者が後を絶ちません。この「法の穴」を埋める改正を国が実施すると、また新しい穴を探す事業者が現れる・・・・・といったイタチごっこが続いています。

 


その結果、消費税法はきわめて複雑になってしまいました。一般の納税者にはとても理解できないような条項だらけです。

 


もともとこれらの制度(「免税点制度」や「簡易課税制度」)は、平成元年の消費税導入時に、中小企業者の事務負担軽減を目的に定められたものです。
消費税導入後28年経ちました。中小企業の皆様のお叱りを受けることを承知で言えば、もうその役目は十分に果たしたのではないでしょうか?

  

 

 

 

 

「毎月の訪問、毎月の報告、毎月の安心」
上甲会計は、お客様の経営を徹底的にサポートします! 

 


  上甲会計事務所 http://www.jokokaikei.net

 

 

KIMG0392s.jpg

会津鉄道ラッピング列車「福が満開、福のしま。」

夏にトコトコ乗るには、ぴったり。

 

 

 

 

 

 

 

中小企業・個人企業の事業承継がうまくいかない理由

                  

 高度経済成長期に創業した社長の年齢が70歳を超え、引退のタイミングが訪れています。
 
ところが中小企業・個人企業の場合、社長が会社を続ける意思があるにもかかわらず、やむを得ず廃業してしまうパターンが後を絶ちません。

 その最大の理由は、「後継者不足」と「キャッシュ不足」です。

 この2つの「足りないもの」を、時間をかけてクリアすれば、社長は安心して自分の会社を後の世代に引き渡すことができるのです。

 

 続きはこちら→事業承継はこうする!

 

中小企業の「事業承継対策」は、「相続対策」と切り離せない!

 中小・個人企業の事業承継は、社長の相続対策と密接に関係しています。

 退職金を受け取るタイミングや金額は?
 自分が持っている株式はいつ、誰に、どうやって引き継いでいけばいいのか?
 相続税は、どれくらいかかるのか?

 中小・個人企業の「事業承継対策」とは、会社の「経営承継」のみならず、社長の引退後の生活や、将来発生する相続まで見据えたものになります。

 

 続きはこちら→事業承継の実務

なぜ上甲会計が事業承継に強いのか?

 上甲会計が中小企業・個人企業の事業承継を得意としている理由は、2つあります。

@ この10年間で20件以上のクライアントが、実際に事業承継を行っている

A 上甲会計自身が、実際に事業承継を行っている

 私たちは「会社の文化」と「社長の想い」を第一に考え、長い時間をかけてクライアントの事業承継をサポートします。 

 

上甲会計が実際に事業承継のお手伝いをした事例は→こちら   

お気軽にお問い合わせください。

 上甲会計のサポートは、クライアントとの信頼関係を築くことから始まります。

 どのような形で関わっていくか?
 どのように承継を進めていくのがベストか?
 どのような対策を、どのようなタイミングで行っていくか?

 私達が持っている「経験」と「知恵」のすべてを出してサポートいたします。

 まずはメール又は電話(045−641−7796)で、お問い合わせください。

 貴社との出会いが良きご縁となりますよう、心よりお待ちしています。

 

  メールでのお問い合わせは→ここをクリック